私が初めて受けた手術は、蓄膿の症状を和らげるためのもので、その手術費用は医療保険から支払われました。
手術をして医療保険を利用しました

医療保険を利用して行った蓄膿の手術

「どうする?受けとく?」と、母に相談をされたのは、私が大学に入学する前の春休みのときのことでした。この相談は、私の手術に関するもので、もう大学生だった私は、自分でその決断をしていいようにと母に言われたのです。この手術の内容は、私の患っていた蓄膿症の症状を緩和させるために、溜まってしまっている膿を抜くというものでした。蓄膿症という疾患は、鼻水や鼻づまりがひどくなり、その膿が溜まっていくほど、その症状は悪化していきます。これは、薬によって症状を和らげることもできるのですが、1回の手術でたくさん膿を抜くこともでき、一気に症状を和らげることもできるのです。ただ、完治するものでもないため、後々はまた薬を利用したり、手術を受ける方もいらっしゃるそうです。そんな手術を、私が受けようかと悩んでいたのは、大学に入学をするにあたって、1人暮らしをしていく予定でいたからでした。実家を出て1人暮らしをするとなると、蓄膿がひどくなってきたときに、複数回病院にかかって薬をいただかなければならず、それはとても面倒に感じることでした。それならば、大学に入学をする前に、手術でたくさん膿を抜いていただき、多少なりとも面倒な病院に行く回数を減らそうと考えたのでした。そうして私は、手術を受けようと思ったものの、その手術にかかる費用が気になりました。なぜなら、大学に入学するためのお金や、1人暮らしのお金もかかるのに、それに加えて手術の費用となると、親に大きな迷惑をかけると思ったからです。しかし母は、その心配はないと言ってくれました。それは、医療保険によって保障されているからでした。こうして私は、安心して手術を受けることができたのです。膿を抜いた後の鼻は、とても軽くて快適でした。医療保険があったからこそ、受けようと思えた手術であり、相談してくれた母には大いに感謝をしました。これによって、私の大学生活も充実させることができました。

注目情報

  • 腕時計の通販はSINCERE STOREをご覧ください。
  • 医療保険をお探しの方はこちらです。
  • NISAに興味があれば、まずはこちらのサイトを御覧ください。